menu

短期入所

短期入所事業のご案内

日野療護園では、短期入所事業を実施しています。
●当園の短期入所事業は、「在宅の身体障害者」の方を対象に短期間利用していただくサービスです。
●東京都内の区市町村が発行した障害福祉サービス受給者証をお持ちの方ならば、短期入所サービスをご利用できます。

利用定員…一週間を単位として4名

利用申込の方法…まずは、下記連絡先にお電話ください。

日野療護園 短期入所担当 
Tel:042-593-2457 Fax:042-593-0075

短期入所サービスの内容

サービスの目的・運営方針

  1. 運営方針
    利用者一人ひとりの人権と生活を尊重していくことを基本に、介助等のサービスを提供しています。
    また、利用者のプライバシーに配慮しながら、開かれた施設づくりを目指します。
  2. 居室について
    居室は19.84㎡(約10.5畳)の個室です。木曜日~翌週の水曜日をご利用される方については、ご希望に応じて洋室(ベット)または和室(畳)をお選びできます。
    なお、日曜日~土曜日をご利用される方については、洋室(ベット)タイプのみとなりますのでご了承下さい。
    ナースコールについては、普通式(小型、大型)、音声式など、利用する方が使いやすいような形式を整えています。
    その他の設備として、居室内にトイレ、寝具、タンス、テレビ、DVDデッキ、金庫、洗面台、冷暖房、自動ドア、ホイスト(リフト)等があります。

介助体制について

介助職員は24時間体制で勤務しています。着替え・トイレ・入浴等の介助については、同性の職員が行います。
介助が必要な時には、居室内のナースコールを押して職員を呼ぶことで介助を提供する方法と、予め作成した介護プランとナースコールを併用して介助を提供する方法とがあります。

医療体制について

  1. 看護師による処置、健康相談を行っています。
  2. 入所前に発熱や嘔吐等感染症が疑われる症状があった場合は、 受診して医師より入所 可能の診断を受けてから来園して下さい。
  3. 医師等の判断により、病院等への通院が必要になった場合、緊急時は園が対応しますが、
    その後の手続きや看護についてはご家族にお願いします。
  4. 通院の際の交通費は自己負担となります。
  5. 看護師の勤務時間外については、救急対応となります。(看護師の勤務時間 8:00~20:30)
  6. ご利用者が使用する医薬品等は、各自でご用意下さい。

サービス概要

日中の生活について

(一日の生活の例示)

7:30~

8:15~
9:15

9:15~
12:00

12:15~
13:15

14:15~
15:30

18:15~
19:15

19:15~
21:00

22:00

起床

朝食

日中活動・
リハビリ

昼食

日中活動・
一部入浴

夕食

一部入浴

就寝

  1. 利用者の意向・適正・障害の特性・その他の事情を踏まえ、利用者の解決すべき課題を把握し、利用者の意向をふまえた上でサービスの目標や達成時期、サービスの内容、サービスを手帰郷するうえでの留意点等を盛り込んだ個別支援計画を作成します。
  2. 個別支援計画の作成にあたっては、利用者又はご家族等にご説明します。
  1. 食事(朝食、夕食は選択食となっています。)
    朝食…和食(ご飯)、洋食(パン)の中から選ぶことができます。 お好みでお選びください。
    夕食…事前に2種類のメニュー(肉料理と魚料理など)より選んでいただきます。
    また、適温の食事をご提供するよう心がけています。

    *食事の欠食はご利用前に申し込んでいただきます。 ご利用前の確認として、ご利用10日前頃に担当者からご連絡をいたしますが、食事を欠食される場合は、その際にお申し出下さるか、キャンセルをされる日を含まない平日3日前までにご連絡を下さい。
    ※キャンセルをする日を含まない平日3日前までのキャンセルについては、食費を請求しませんが、それ以降の場合は、食費を請求させていただきますのでご了承下さい。
  2. 入浴 (昼入浴・夜入浴)
    原則として週3回、入浴できます。利用者の状況により入浴が困難な場合は、清拭となる場合があります。
    昼入浴、夜入浴どちらになるかは、調整させていただきます。
  3. リハビリテーション (平日毎日行います。)
    常勤の理学療法士の作成した「リハビリ個別プログラム」に基づき身体機能維持・向上を目的に理学療法士と支援員が、個別運動、理学療法機器等を使用したリハビリテーションを提供いたします。
  4. 日中活動
    行事や日中活動は入居利用者と同じように参加できます。(※今後、変更になる場合があります)
     
    午前 ステンシル ボッチャ カラオケ・
    スポーツ吹き矢
    ボッチャ 絵手紙・
    マーブリング
    今日のお知らせ・ティータイム
    午後 ・生産活動(ご自分で作った作品を販売し、売り上げをご本人に還元しています。)
    ビーズでストラップや髪止めを作ったり、写真立てにタイルを張ったり、和紙を紙皿に貼るなどの製品作りをしています。 その他・DVD鑑賞・ティータイム・整容(爪切りや温かいタオルで顔や手を拭くなど)・ 新聞や本の朗読、入浴サービス等を行っています。

外出について

外出にあたっては、予め職員に行き先と帰園時刻をお伝えください。
外出に伴う出費(交通費、施設利用料、食事代等)については、すべて自己負担となります。

  1. 職員の付き添い
    職員の付き添いが必要な外出を希望される場合は、当園利用者と同じ程度(行き先や時間など)に外出できます。
    ご自身の体調や天候等の諸事情により外出をお断りすることもありますので、あらかじめご了解ください。
  2. ボランティア等との外出
    在宅生活の中で、日常的にボランティアと外出されている方が、ボランティア等と外出希望をされる場合は、
    ご自身の責任で外出していただきます。

外出するときには、20時30分までに帰園していただきますようお願いします。
外出先と帰園予定時刻等を出発前にお伝えください。

ご利用にあたり、用意いただくもの

ご利用にあたっては、次のような物が必要となりますが、詳しくは担当までご連絡下さい。

  1. 身体障害者手帳・障害福祉サービス受給者証・健康保険証・心身障害者医療受給者証
  2. 衣類  ※共用の洗濯機で洗濯が出来ます。心配な方は、多めにご持参下さい。
  3. 洗面用具、入浴用具、食器類
    ※なお洗濯洗剤と入浴用シャンプー、リンス、ボディーソープについては、園でも用意しますが、
    使い慣れているものがあればお持ちください。
  4. 印鑑(契約時に代筆を頼まれる方は、本人と付き添いの方両方の印鑑が必要です)
  5. 現金(日用品の不足分の購入、小遣い)
    ※必要最低限にしていただき、多額の現金等はお持ちにならないようお願いします。
  6. 常備薬(飲み薬、塗り薬、イチジク浣腸など)
    ※ご自身で管理できない場合は診察室でお預かりしますが、あらかじめ薬の仕分け
    (氏名、日にち、朝、昼、夕、就寝前)をしていただき、用法などを明記してくださるようお願いします。
  7. 水分補給にゼリーなどを使用される方は、各自でご用意下さい。
  8. その他、利用する方が必要とするもの