menu

入所サービス

入所について

入所基準

18歳以上の身体障害者手帳を所持する重度の身体障害者の方で、食事などの日常生活における基本動作を一人で行うことが困難で大半を介助によらなければならないこと、当面入院する医療を必要としないこと、伝染性の疾患を有しないことに該当する人を対象としています。

入所手続と費用負担

入所を希望する障害者は都内の区市町村に障害福祉サービスの受給申請を行い、区市町村が支援を必要とすると判断する場合は、
障害福祉サービス受給者証を交付します。
障害福祉サービス受給者証の交付を受けた障害者は事業者との契約により入所します。

費用負担については、本人又は扶養義務を有する家族の収入等に応じた利用者の費用負担があるとともに、
一食単位での食費実費負担と一日単位で居住費(滞在費)が徴収されます。

生活のあらまし

住まいの環境

利用者のプライバシーの尊重と良好な人間関係のもとに、充実した生活が送れるよう、
全室個室とし居住部分(生活棟)を4区画(A~D棟)に区分した生活空間としています。

支援体制

  1. 利用者一人ひとりの生活ニーズを利用者の意向とアセスメントにより把握した上で、個別支援計画を作成し、
    これに基づく支援を行っています。
  2. AB棟の利用者に対する生活援助を担当する福祉サービス第一グループ、CD棟を担当する福祉サービス第二グループ、日中活動及び一部日常支援を担当する事業推進グループを設置しています。
  3. 全ての居室に利用者の状況に応じたPHSナースコールシステムを整備し、利用者の要望に応じた介助を行う体制をとっています。
    また、見守りが必要な入居者に対しては、「介護プラン(週間)」に基づいた積極的な介護支援(タイム・ケア)を行っています。
  4. 起床、就寝時間、食事時間とメニューの選択、入浴などについては利用者の意思を尊重して介助等支援を行っています。

専門的サービス

  1. 医療
    看護師による利用者各人の障害の特性に応じたケアを行っています。
    疾患等によっては、通院又は入院により日野市及び近隣市の医療機関を利用しています。
  2. リハビリテーション
    健康増進、身体機能の低下防止、痛みの緩和のために理学療法士の作成したプログラムに基づき、
    理学療法士と事業推進グループ職員(補助)が月曜日から金曜日まで毎日実施しています。
  3. 栄養カルテによる指導
    栄養士は全入居者の「栄養カルテ」を作成し、食事形態等の検討や栄養指導が必要な入居者に懇談指導を行っています。

食事の提供

障害程度、健康状況に配慮しながら、給食(3食)を提供し、できるだけ利用者の豊かな食生活を実現するように努めています。
食事内容については、選択食の実施(朝・昼食は毎日、夕食は月2回)、利用者の状況に合わせた特別食(減塩食・低エネルギー食・低コレステロール食・軟菜食等)の提供のほか毎月の誕生会食や年4回のイベント食を実施しています。
また、入居者の意見を反映するために、給食連絡会を開催して、よりよい食生活のための意見交換を行っています。

日中活動

入居者の生活の広がりを図る目的で、事業推進グループが福祉サービスグループと協働して実施しています。

  1. 自主活動グループ
    入居者の自主運営を図るため、ボランティアによる運営・活動の支援を行い、入居者自らの主体的取組が行われています。
    ○自主活動グループ=「織機」。織機を中心とした自主活動のグループが毎日活動しています。
  2. やすらぎ的作業活動
    利用者が牛乳パックを再利用した「葉書」の作成や栽培したハーブを利用したポプリづくりなどの作業をしつつ、お茶を飲みながら談話できる活動を平日午前に毎日行っています。
  3. 小グループ外出
    ボランティアの協力を得て、小グループでの近隣外出や園借上げキャブを利用して外出を支援しています。
  4. 一般要望
    利用者の要望により、月6時間を上限として、福祉サービスグループ職員が買物、掃除、理美容等の支援をしています。
  5. 趣味及び文化活動(クラブ)
    外部の講師やボランティアの協力を得て、利用者の要望により実施しています。(押花、音楽、俳句)

地域生活移行への支援

地域生活への円滑な移行を支援するために、地域の援助機関等と連携し、地域生活移行アセスメントにより課題解決を支援するとともに実践の場として自立生活訓練室を設けています。
最近の5年間で4名の利用者が園の支援のもとで地域生活への移行を実現しています。

地域との関係

ボランティアの受け入れ

ボランティアコーディネーターが窓口となり、ボランティアの受け入れ実務(募集、確保、活動のサポート)を担っています。
活動内容は、日中活動、外出活動、趣味やイベント活動等であり、地域から多くのボランティアが来園し活動を継続しています。

ボランティアスタッフ

毎週1日、3時間程度、定期的に活動するボランティアを希望により登録する実費弁済型のボランティアスタッフを受け入れています。

体験ボランティア3日間コース

中学生、高校生、大学生を主眼に「体験ボランティア3日間コース」を設置し、体験ボランティアを多く受け入れ、ボランティアの育成に努めています。